Big Hit エンターテインメントが所属グループBTS(防弾少年団)に対する悪質な書き込みをした人を告訴するとの公式立場を発表しました。

Big Hit エンターテインメント側は6月29日にWeverseを通じて

当社はBTSに対する名誉毀損、侮辱、セクハラ、虚偽事実の流布、悪意的な誹謗などを含む悪性の掲示物作成者を対象に定期的な法的対応を進めている

当社はファンの皆さんの情報提供と独自のモニタリングを通じて収集した証拠資料をもとに捜査機関に告訴状を提出した

と伝えました。

さらに、

以前行った告訴の一部被疑者は、罰金刑を言い渡されており、残りの被疑者らも調査が進められている

この過程で、調査中の被疑者が代理人を選任し、合意を要請する事例があったが、原則によって、絶対善処不可の意思を伝えた

特に、長期間悪質的にBTSに対する悪質な掲示物を作成してきた彼らの情報を収集し警察に伝えており、そのうち一部は警察調査で犯罪容疑が認められ、検察に送検後処分を待っている

もし、裁判所の判決以降も引き続き犯罪行為を止めない場合、追加の告訴はもちろん、強力な民事上損害賠償請求の措置も取る計画

と付け加えました。

以下はBig Hit エンターテインメント公式立場の全文です。

おはようございます

Big Hit エンターテインメントです

当社はBTSに対する名誉毀損、侮辱、セクハラ、虚偽事実の流布、悪意的な誹謗などを含む悪性の掲示物作成者を対象に定期的な法的対応を進めています

この件に関して進行状況をお知らせいたします

最近、当社はファンの皆さんの情報提供と独自のモニタリングを通じて収集した証拠資料をもとに捜査機関に告訴状を提出しました

重要な証拠の対象は、DCインサイドのような各種コミュニティ、ティーストーリを含めたブログ掲示物などであり、その他にSNS掲示物、ポータルサイトのニュースへのコメントや音源サイト記事へのコメントなども該当します

以前行った告訴の一部被疑者は、罰金刑を言い渡されており、残りの被疑者らも調査が進められています

この過程で、調査中の被疑者が代理人を選任し、合意を要請する事例がありましたが、原則によって、絶対善処不可の意思を伝達しました

特に、長期間悪質的に防弾少年団に対する悪性的な掲示物を作成してきた彼らの情報を収集し警察に伝えており、そのうち一部は警察調査で犯罪容疑が認められ、検察に送検後処分を待っています

もし、裁判所の判決以降も継続して、犯罪行為を止めない場合、追加の告訴はもちろん、強力な民事上損害賠償請求の措置も取る計画です

悪質な掲示物に対する法的対応は当社法務チームの主管で専門の法務法人との綿密な協力の下に進行しています

第3者が提起する告発は被害者であるアーティスト本人の警察出頭と調査が原則なので、個人または団体など第3者告発に対して、会社レベルの協力と支援は難しいという点をご了解お願いします

また、事件ごとに告訴状を提出して事件が終結するまで少なくとも数ヵ月から長くは1年以上の長い時間がかかります

したがってやや時間がかかっても、アーティスト権利侵害に対する当社の対応の意志は確固たるものであるという点理解してくださったらと思います

当社は常時悪質な掲示物のモニタリングを通じて持続的に証拠を収集しており、悪質な掲示物の申告および削除作業も同時に進行中です

これからもBig Hit 法的対応のメールアドレス(protect@bighitcorp.com)に積極的な情報提供お願いします

BTSへ向けたファンの皆さんの愛情と献身にいつも感謝しています

アーティストの権益保護のために絶えず努力します

ありがとうございます