近年日本では高級食パンに注目が集まっていますが、韓国にも美味しいトーストで注目されているカフェがあります。

今回はそんなおいしいパン・トーストカフェ、『ミルトースト』の行き方や人気目乳の値段など、お店の詳しい情報をまとめました。

ミルトースト

住所:서울특별시 종로구 수표로28길 30-3(ソウル特別市 鍾路区 水標路28街路30-3)

アクセス:地下鉄5号線鍾路3街駅 4番出口から徒歩2分、地下鉄3号線安国駅 4番出口から徒歩10分

営業時間:月~金は11:00~23:00、土日は9:00~23:00

定休日:なし(年中無休)

電話番号:02-766-0627

ミルトーストは、地下鉄1・3・5号線が乗り入れる鍾路3街駅近くの「益善洞韓屋村」にあるトーストメニューが話題のカフェです。

益善洞は伝統家屋の韓屋が軒を連ねるこのおしゃれな通りになっています。

お店の目印は食パンが描かれたのれん。

この投稿をInstagramで見る

We’re open at Christmas🎄

밀_토스트집(@mil_toasthouse)がシェアした投稿 –

大きな窓が開いていて、入りやすい雰囲気になっています。

通りに面した窓際でフレンチトーストを調理しているため、近づくだけでいい香りがしてきます。

店内にはカウンター席とテーブル席があり、カウンター席の上は陽の光が射し込む開放的な造りになっています。

この投稿をInstagramで見る

#익선동 #밀토스트 스팀식빵 – 기본+밤 : 12,000원 드립커피(ice) : 6,500원 블루밍티(hot) : 8,500원 익선동 골목골목 돌아다니며 여러 가게들을 구경하다 고소하고 향긋한 버터향에 이끌리듯 들어간 #밀토스트집 찜기에 식빵은 쪄서 주기때문에 빵이 따뜻하고 촉촉하다. 빵 자체에 버터가 듬뿍 들어간 느낌이라 더욱 촉촉하게 느껴지는 것 같았다. 빵에 발라먹는 버터는 아웃백의 망고스프레드버터 같이 달콤하고 부드러운 버터였다. 버터가 많이 들어간 빵이라 같이 곁들였을때 부담스럽지 않을까 했지만, 그건 잘못된 생각이었다. 빵에 부담스럽지 않은 달콤함과 부드러움이 추가된다. 스팀식빵은 밤보다는 기본이 맛있었고, 단호박이나 옥수수가 더 맛있을 것 같아보였다. 커피는 드립으로 내려 주는데, 쓴맛이 정말 1도없는 부드러운 커피였다. 맛있었지만, 드립라떼는 너무 밍밍하지 않을까하는 생각이 들었다. 블루밍티 이건 블루레몬시럽이 들어가 푸른색인데, 같이 주는 시럽을 넣으면 색이 보라색으로 변한다. 마치 과학시간을 연상시키는 차. 생화가 들어간 차라 향긋하여 눈,코,입을 동시에 만족시킬수있는 차였다. 심플지만 깔끔한 화이트&우드 톤의 인테리어에 채광이 잘되는 카페. 가격이 매우 착하지는 않았지만, 맛은 기본이상인 카페. #와구와구_맛집 #와구와구_서울 #와구와구_익선동 #익선동맛집

와구와구(@waguwagu_b)がシェアした投稿 –

人気メニューは、蒸篭に入って出てくる温かくてふわふわのスチームブレッド(12,000~13,000ウォン)。

2種類の注文方法があり、プレーン1つに加えて小豆・栗・トウモロコシの中から1つ選ぶか、小豆・栗・トウモロコシ・ネギの中から2つ選ぶことができます。

添えられた甘めのバターとの相性はどれもバツグンです。

パンは注文後に蒸籠で蒸してくれるので、運ばれてくるまでは15分ほど時間がかかります。

プリンのように柔らかいスフレトースト(13,000~18,000ウォン)も人気です。

ブルーベリークリームチーズ、バニラアイスクリーム、餡バターなどからトッピングを選ぶことができます。

どちらのメニューもリッチなブリオッシュパンが使用されていて、風味が豊かな一品となっています。

ドリンクの中で人気なのは可愛いボトルに入った手作りのミルク(7,500ウォン)です。

マロン、ストロベリーブラックティー、バナナ、バニラピーナッツバター、スイートコーン、Hershey’s チョコレートの6種類のフレーバーから選ぶことができます。

コーヒーが好きな方には、店員さんが丁寧に淹れてくれるハンドドリップのコーヒー(6,500ウォン)がおすすめ。

この投稿をInstagramで見る

sunlight with miltoast “MUG”✨

밀_토스트집(@mil_toasthouse)がシェアした投稿 –

飲み物だけはテイクアウトもできるので、飲みたいものがいくつかあるときはお店でひとつ頼んでその他をテイクアウトにするのもいいですね。

連日国内外から多くのお客さんが訪れ、特に週末は混み合うので、平日に訪れるのがおすすめです。

また、韓屋造りの店内は、光を遮る屋根がないので明るく開放感たっぷり。木をたくさん使用した暖かくモダンな雰囲気の中で、ゆったりと過ごせるでしょう。

パン好きの方は一度訪れてみてはいかがですか?