韓国の男性アイドルグループBTS(防弾少年団)が、ビルボードのメインのアルバムチャートに18週連続で名を連ねています。

日本で4枚目となるアルバムのタイトル曲もビルボードチャートにランクインし世界的な根強い人気を立証しました。

現地時間6月30日、アメリカの音楽専門メディアビルボードが発表した最新チャートによると、BTSが今年2月21日に発売した正規4集アルバム「MAP OF THE SOUL:7」はビルボード200チャートで49位にランクインしました。

このアルバムは3月7日にチャートで1位を獲得したのち、18週連続でメインのアルバムチャート上位をキープしています。

その他にも同アルバムはワールドアルバムチャート2位、インディペンデントアルバムチャート及びテイストメーカーのアルバムチャート5位、トップアルバムセールスチャート及びトップカレントアルバムセールスチャート8位などを記録しました。

前作である「LOVE YOURSELF結’Answer’」もビルボード200チャートで124位を記録し、ワールドアルバムチャート3位、インディペンデントアルバムチャート15位など好成績を収めています。

さらに、先月19日に先行公開された日本正規4集アルバム「MAP OF THE SOUL:7~THE JOURNEY~」のタイトル曲「Stay Gold」は今週多数のチャートにその姿を見せています。

バブリングアンダーホット100チャート9位をはじめ、ワールドデジタルソングセールスチャート1位、デジタルソングセールスチャート6位、リリック・ファインドグローバルチャート9位、カナディアン・デジタルソングセールスチャート15位を獲得しました。

今年5月22日、シュガがAgust Dとして発表した2作目のミックステープ「D-2」もワールドアルバムチャートで8位を記録し、5週連続トップ10を維持しており、タイトル曲「デチッタ」はワールドデジタルソングセールスチャートで先週より1ランク上がり、11位を記録しています。