expand_less
loading

珍しくソウル出身のメンバーが1人もいないグループ、BTSはどんな方言を使っているのか

BTS(防弾少年団)にはソウル出身のメンバーがいない、ということはご存知でしょうか。

これは韓国のアイドルグループでは極めて異例なことです。

今回はそんなBTSのメンバーがどんな方言を使っているのかを見ていきます。

JIN

出身地:京畿道

ジンは以前から標準語を話していますが、時々忠清道方言が出ることがあります。

忠清道はジンの両親の出身地なのだそう。

SUGA

出身地:大邱

シュガは緊張すると今でも大邱方言が出ることがあります。

ソウルに上京した当時は訛りがきつかったそうで、練習生期間中に、アナウンサーが行うのと同じ内容の厳しい標準語トレーニングを受けていました。

J-HOPE

出身地:光州

J-HOPEは滅多に全羅道方言を使いませんが、イントネーションが独特で、これは方言の名残ではないかと言われています。

RM

出身地:京畿道

RMはもともと標準語を喋っていましたが、J-HOPEの全羅道訛りが移り、たまにイントネーションが全羅道訛りになることがあります。

本人もそれを自覚しているのだとか(笑)。

JIMIN

出身地:釜山

ジミンは釜山方言を直そうと練習生時代に努力した結果、今では標準語と釜山方言が混ざった謎言語を生み出している模様。

出身地が同じのジョングクと話す際には自然と釜山方言が出ています。

V

出身地:大邱

Vは今でも大邱方言を普通に使っています。

口喧嘩になると、年上のメンバーにも大邱方言で言い返すとか(笑)。

JUNG KOOK

出身地:釜山

ジョングクは標準語と釜山方言を7:3くらいの割合で話しています。

デビュー当時は標準語に合わせるのが嫌いで、今でも完全な標準語に矯正しようとは思っていないようです。

ADORADAYZ
adoradayz@gmail.com